浪人窟

ADHDな似非社会人が司法試験合格を目指すブログ。

司法試験 3日目

 1日目同様、6:30すぎに起床。昨日の昼寝が効いたのか、身体の疲れはすっかり取れた感じ。朝食を食べて会場へ。

刑事系第1問(刑法)9:30〜11:30

 昨年120点台をたたき出した刑事系。できることならば今年もそのぐらい取りたい。ということで、やや緊張。
 今年は甲、乙、丙の3人。もう少し事実が入り組んでいる方が好きだ。無難に人ごとに罪責を検討する。できるかぎり事実を拾ってごまかす戦法で、6枚半程度。

 昼休みは例のごとくトイレ難民。

刑事系第2問(刑事訴訟法) 12:45〜14:45

 第1問小問1はTKC模試が的中。TKC模試の時と同じように慎重に進めていく。小問2は強制処分でいくか任意処分の限界でいくか迷った末、結局強制処分で書いた。
 第2問は供述証拠絡みの論点を詰め込んできたな、という感じ。伝聞法則の問題は、検察官じゃなきゃ思い浮かばない発想だなあ、と感じた。やはり予備校の問題と本試験は違う。
 設問1を3枚少々、設問2を3枚少々で合計7枚程度。10分程度時間を残して書きあげる。

 今日は一番最初に退室許可が出たので、早々と試験会場を後にする。
 ホテルで一休みしてから大学図書館へ。これまでTKC短答模試で間違えた問題をファイリングした問題集をやる。が、あっさり終わってしまったので20:00すぎにはホテルへ戻る。一応短答は大丈夫だろう…。