読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪人窟

ADHDな似非社会人が司法試験合格を目指すブログ。

56日後 国家一般職合同業務説明会

 二日酔いは特にないものの、胃が痛い。準備に手間取り、10:00すぎに説明会会場の駒澤大学に到着。
 この時点ですでに会場内は学生でいっぱいだった。整理券を配っている官庁も多く、この時間からの参加では説明を聞くことすら困難そうである。

 整理券を配っていないないところ、ということでまずは公安調査庁へ行く。前の回の説明が終わるまで30分程度教室外で並んで待つ。教室が埋まる程度の参加者。まずは官庁紹介のビデオから。このビデオは以前、霞が関官庁フォーラムで見たものだ。ただその時は割愛された部分も見る。割愛された部分というのが、情報収集に係るところで「太陽なんとか教」という明らかにオウム真理教をモチーフにした宗教団体が出てくるあたりがいかにも。
 ビデオを見た後は質疑応答。説明短答の係員の方が、「お給料のことは聞かなくてもいいんですか?お給料のことは?」とやたら給料押しだったのがなんとも。最初のうちは質問が出ず、しびれを切らしたのか、係員の方が給料の話を始めた。去年の入庁者から給料が上がったらしい。
 職場訪問の予約をして退室。

 次は防衛省へ行く…が、整理券を持っていなかったので入れず。仕方がないので、食事をとる。食事をとってから、人事院の受験相談コーナーへ。国家一般職の官庁訪問について色々聞く。なるほど、一般職はクール制が取られていないのか。「官庁訪問解禁が8月20日であり、国家一般職の最終合格発表が8月25日であることから、今年は短期決戦になるのではないか」、との由だった。官庁訪問の順序も考えておかねばなるまい。

 午後からは東京税関・横浜税関の説明会へ。が、あまりの混雑に会場に辿り着く前に心が折れてしまった。パンフレットコーナーで各官庁の採用案内を一通り貰って帰宅。

 今年初のクーラーを入れた。

所謂、浪人。(@xRounin)/2015年07月12日 - Twilog